ホワイトボーテ

2017/08/12 10:24:12 |
アンプルールを間違った使い方をして、「シミが濃くなった」という口コミが多かったので、正しい使い方を動画で解説してみました♪アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」はシミを消す事が出来る美白化粧品として、よく雑誌などで紹介されています。管理人も前から気になっていたので、実際に試してみて効果的な使用方法について調べてみました。アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」のトライアルセットは大体1週間〜10日間くらい使えて、実際に短い期間でお肌のくすみも改善して美白効果を感じました♪出来てしまったシミに関しては使用期間が短かったので、消えなかったですが、口コミ多かった「シミが濃くなった」という事はありま...
2017/08/10 23:34:10 |
サエルのステマではないリアルな良い口コミと悪い口コミを全部読んで、抑えておくべきポイントをまとめました。ディセンシア「サエルは乾燥肌と敏感肌の女性の為につくられた専門ブランドなので、ガサガサの敏感肌でもピリピリしみずに使うことが出来ました。管理人は、サエルのトライアルセットを購入して試した結果、肌荒れで敏感肌になっている時も使えたのでリピートしています。お肌に刺激が少ない美白化粧品ならサエルがおすすめ♪サエルを初めて購入する方には、お得にお試しできるトライルセットがあります。価格通常2160円→送料無料1,480円代引き手数料無料トライアル期間10日間購入できる店舗公式サイト通販限定セット内容...
2017/08/07 20:45:07 |
肌荒れしていてもシミが消える美白化粧品は使いたい!私は普段は敏感肌ではないのですが、たまに体調を崩すと、超敏感肌になります。超敏感肌だと、シミを消す効果が高い「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」とかの刺激のある美白成分はお肌にひりひりとしみるんですよね。で、肌荒れを打破しようと、「肌断食」をしたり、敏感肌用の化粧品を使ってみたりしたんですけど、劇的に効果がでたのが、ビーグレンの「ホワイトケア」でした。ほんとは肌荒れ中なら「乾燥・保湿ケア」がいいんですけど、ちょうどその時はホワイトケアしかなかったので、恐る恐る使ってみたのですが、ガッサガサの肌荒れが1週間も経たない間に治りました。↑こんな感...
2017/08/07 17:00:07 |
「ちょっとだけの紫外線」を甘く見てはいけない。ある日、突然シミに気付いて気になってシカがなくなるときってありますよね。「紫外線対策はしっかりしていたのに何で?」と思うこともあります。紫外線貯金がいっぱいになるとシミが出来る、濃くなる。シミはここ最近浴びた紫外線が原因で出来ているものではありません。生まれてからずっと浴び続けてきたディ外線がお肌に貯蓄されて、シミとなって肌表面に浮き上がってくるのです。お肌の奥には紫外線貯金箱があって、わずかな紫外線も貯金されてしまいます。紫外線を長年浴びていると、その貯金箱がいっぱいになってあふれ出てしまい、シミがどんどん増えていきます。生活紫外線とは?「ちょっ...
2017/08/07 15:30:07 |
なぜ、肌は老化するのか?「いつまでも若くありたい。」「綺麗でいたい。」と、女性なら思いまいますよね。肌が老化すると、シミ・しわ・たるみが目に見えてわかるようになり、年連より老けて見られてしまうなんてことも。肌老化を遅らせるためには、肌老化の原因をしって対策していくことが重要です。ここでは、肌老化の主な原因3つについて解説していきます。肌老化とは?肌が老化してしまう事を「肌老化」といいます。多くの女性が「衰えてきたなぁ。」と思うのは、シミやシワなどが目立ってくる40代を迎えたころです。「20歳はお肌の曲がり角」なんて言葉もありますが、実際には生まれて瞬間から老化は始まっています。曲がるというより...
2017/08/07 11:55:07 |
毎日続けられる美容液やクリームを選ぼう!「シミを消したい!」と思って、美白化粧品を買おうと思っても、たくさんの種類があって、どれを選べばいいのか迷いますよね。美白化粧品には、化粧水、クリームの他にも、パック、スポッツ型(シミなどに部分使用する化粧品)、さらには、美白をうたった石鹸やファンデーションなどもあります。これらは、どう違うのでしょうか?シミに効果がある美白成分が配合されている化粧品を選ぶ。基本的に、美白化粧品は形よりも、配合されている成分が重要です。ドラッグストアに行けば、美白っぽく販売されている化粧品でも、美白成分が入っていないこともあります。例えば、商品名に「ホワイト○○」のような...
2017/08/07 02:41:07 |
セラミドなどの保湿成分を含む美容液に近い乳液がおすすめ!「化粧水と乳液」は、シャンプーとリンスのように、昔は必ずセットで売られていました。「水分補給の後に油分でフタ」という古い考えが主流だったためです。「水分補給の後に油分でフタ」は古典的な理由。なぜ古典的なのかと言うと、肌の水分は油分でフタをされている訳ではなく、「セラミド」などと結合するする成分によって維持されていることがわかってきたためです。【セラミド関連記事】セラミド不足はシミが出来やすい肌になる!バリア機能低下で老化が進む。そのため、最近では、乳液に代わって美容液が使われるようになってきました。美容オールインワンゲルなどが流行ってきて...
2017/08/06 23:38:06 |
シミが出来やすい乾燥肌には、水を与えるだけでは効果はない!お肌の乾燥がすすむと紫外線の影響を受けやすくなり、シミが出来やすくなってしまいます。「乾燥肌には水分補給が必要だから化粧水が一番大事」と化粧水をたっぷり付けて満足していませんか?でも、それは間違い!化粧水をお肌につけても、化粧水の水分がお肌にそのまま吸収されるわけではありません。私たちのお肌の水分を守るために活躍しているのは、角質細胞間皮質です。その中でも「セラミド」の存在が最も重要です。【セラミド関連記事】セラミド不足はシミが出来やすい肌になる!バリア機能低下で老化が進む。セラミドは年齢とともに徐々に減っていき、それに伴い、肌の水分保...
2017/08/04 23:26:04 |
シミやくすみを気にしていると、美白っぽい成分が入っていたり、保湿が出来るヒアルロン酸配合の洗顔料を選んだりしてませんか?洗顔料の保湿や美白成分は、すすぎの時に流れてしまいます!洗顔料は肌の脂汚れをしっかり落とせる洗顔料を選ぶことが重要です。ドラッグストアなどに行くと、肌に潤いを残す洗顔料や、美白が出来る洗顔料がたくさん売られていますが、洗顔料は洗い流すものなので、保湿や美白成分が入っていても、お肌に浸透する前に流してしまうものです。あくまでも、洗顔料は汚れを落とす事に徹して選びましょう。悩んだ時は洗顔料はシンプルな固形石鹸を選ぶ結論としては、洗顔料は、固形石鹸が一番いいです。固形石鹸は汚れを落...
2017/08/04 20:05:04 |
シミがない美白肌になるためには、肌への刺激が少ないクリームタイプを選ぶのがおすすめ。クレンジング料には、オイルクレンジングやミルククレンジングなど種類がいっぱいありますよね。タイプによって、洗浄力やお肌への刺激がが強いとか弱いとか…。メリットやデメリットがそれぞれありますが、「シミ消したいから」と言って、洗浄力が強い物を選ぶのと今よりもシミが濃くなってしまう事も…。ここでは、シミが出来にくいお肌の土台作りのための、クレンジング料の選び方について解説していきますね。ファンデーションや日焼け止めを使った日はクレンジングが必要毎日のケアでシミが出来ないようにするには、日焼け止めを塗って紫外線対策をす...