顔のシミを消すには皮膚科かエステサロンか?

顔のシミを消すには皮膚科がいいの、それともエステサロン?

エステ

 

顔のシミをとる場合、皮膚科では出力の高いレーザー治療をおこない、エステサロンでは出力の低い機器で施術します。

 

医療機関での治療は比較的早く結果が期待できますが、エステサロンでは長い期間を要します。

 

しかし、医療機関での施術でも完全にシミがなくなる場合もあれば、そうもいかない場合もあるようです。

 

皮膚科でシミをとるには

皮膚科は シミ取り専用のレーザーを使うため、長年悩んでいたシミも比較的簡単にとることができます。

 

ただ、レーザーで取れば完了というわけではありません。

 

シミはいったん取れても数か月後に再発するタイプのシミも多くあります。

 

これは失敗というわけではなく、人の体はそういったもののようです。

 

再発を防ぐには、レーザー治療の後は紫外線に当たらないように注意し、ビタミン剤の服用や日焼け止めクリームの外用が必要です。

 

レーザー治療で簡単にシミが消せると思い、安易に施術を受けるとアフターケアの大変さに戸惑うこともあるようです。

 

エステサロンで顔のシミをとるには

エステサロンで使われる機器は医療用ではないため出力が弱く、長期間にわたっての施術が必要となります。

 

エステ料金にはキャンペーンでおこなうお試し価格と通常価格があり、2回目からは数倍の費用がかかるところもあります。

 

例えば、フェイシャルエステのシミ消しのお試し価格が3,000円〜5,000円と格安なのは、お客さんを増やすためのサービス料金だからです。

 

(こちらはハンドエステでシミを薄くする場合です)

 

フォトフェイシャルの施術は1回10,000円前後が相場のようで、平均5回くらいを毛周期に合わせてくり返して照射します。

 

エステサロンでの施実は、医療機関での高出力のレーザー治療に比べて、痛みが少ないのが特徴です。

 

肌に微電流を流すイオン導入の場合は、18,000円前後で、古くなった角質をはがすピーリングは15,000円前後です。

 

フォトフェイシャル、イオン導入、ピーリングとも肌のターンオーバーの促進が目的で、メラニン色素を含んだ角質をはがします。

 

まとめ

医療機関でシミをとる場合も、エステサロンで施術をする場合も、必ずシミが取れると断言できるものではないようです。

 

どちらで施術を受けるにしても、リスクも考えながら検討して、自分にとって一番良い方法を選びましょう。

 

また、人はこだわりだすと小さなシミまで気になりますが、ある程度の年齢になると、シミの一つや二つできていてあたりまえと、思うことも必要かもしれません。