シミやそばかすを美白化粧品で消す方法は?

シミやそばかすを消す方法は、口コミでからの情報で知った美白化粧品!

美白化粧品

 

肌の悩みは、歳を重ねていくたび増えるばかりです。

 

しみやそばかすのないクリアな肌に少しでも近づけるよう日夜努力しているのは、私も同じです。

 

肌に出来てしまったしみやそばかすを消す方法として、真っ先に思いつく方法は化粧品で隠すことだと思います。

 

しかし、このしみやそばかすたちは年々濃くなり、化粧品で消すのもひと苦労です。

 

化粧品をつい厚塗りしてしまうと、実年齢よりも高く見られたという口コミへの投稿記事を見かけました。

 

気持ちがとてもわかる分、ちょっと心が痛くなりました…

 

化粧品サイトの口コミを見ると、しみやそばかすで悩んでおられる方が多いことがわかります。

 

化粧品を使って、しみ・そばかすを消す方法を口コミから探してみました。

 

シミを消す方法として、カバーファンデーションやコンシーラーを使って、圧塗りにならずに隠せる化粧法や、パーツの化粧の仕方で錯覚を生み出し、しみやそばかすに視線が行かないようにするなどといったことが載っていました。

 

しかし口コミの中には、完全に消せるという決定打は見つかりません。

 

口コミをさらに検索しました。

 

詳しく見ても、化粧品でしみ・そばかすを消す方法には限界があるのではないかという気にさせられました。

 

 

シミを消す化粧品はメイク用品ではなくスキンケアで!基礎化粧品選びが重要!

そこで化粧品でしみやそばかすを隠すのではなく、メラニンを消す方法を考えました。

 

それでいくと、基礎化粧品選びが重要になってきます。

 

口コミを見ると、しみやそばかすを消す方法は美白ケアが一番だということがわかりましたので、美白化粧品を見ていきました。

 

美白化粧品は高価なものが多いのですが、クリアな肌を手に入れるため頑張ることにしました。

 

まず、自分の肌にできているしみやそばかすの種類を把握していきます。

 

口コミによると肌のどの部分にしみ・そばかすができているのかによって、肌をくすませている原因も違うと言うのです。

 

これには驚いてしまいました。

 

さらに口コミを見て驚いたことは、美白化粧品は一年中活躍するというのです。

 

美白という言葉は、紫外線の強い季節限定のものと私は決めつけていました。

 

口コミから失敗例も見ていると、美白化粧品の使用量もしみやそばかすを消す効果に左右してくるというのです。

 

あまりに少ない量だと、メラニンは消すことができません。

 

美白ケアは、時間をかけてケアしていきます。

 

肌の周期は大体1か月だと言われますが、加齢とともに周期も長くなってきます。

 

しみやそばかすを消すためには長いスパンで考え、根気が必要です。

 

 

シミを消すためにドラッグストアの化粧品を利用してみよう!

シミは顔など目立つところにできてしまうと、年齢を感じさせてしまいます。

 

かといって、シミに効果があるといわれている化粧品は高価なものが多いです。

 

何とかシミを消す方法をとって若々しく見せていきたいものです。

 

まずはドラッグストアなどで売っている化粧品で対応していきましょう。

 

シミを消すという事をうたっている化粧水や美容液などがドラッグストアでは販売されています。

 

まずはそういったドラッグストアにあるような基礎化粧品を毎日のスキンケアに取り入れていきましょう。

 

しかし、あくまでドラッグストアで売られている化粧品ですから、すぐにシミを消すことが出来て綺麗になるような強い効果のあるものではないので、根気強く使っていくことがポイントになります。

 

特別なアイテムとして購入するより、普段のケアで使っている化粧品をシミを消す化粧品と取り替える形で使うようにすると毎日使うことができます。

 

ドラッグストアで購入してきてすぐにたっぷり使うのは避けましょう。

 

肌に合わない化粧品を使っていると、とシミを消すどころかお肌にダメージを与えてしい、シミを増やしてしまう原因になることがあります。

 

本格的に使う前には肌に合うかどうかパッチテストなどを行いましょう。

 

こうして肌に合うものを使ってケアしていくことで、気になるシミへの対応ができますから、ドラッグストアで使えるアイテムを探してみましょう。

 

 

シミを消す効果のある安い化粧品とはどんなものが良いのか?

シミを作らないようにするには紫外線を浴びないようにする事が大事ですが一度出来てしまったシミを消すのはなかなか難しいのが現状です。

 

皮膚科やサロンなどに行ってシミを消す事も可能ですが、高いお金が必要なので通えない人もいると思います。

 

そこで、安い化粧品でしみを消すにはどうしたら良いのか化粧品の選び方を紹介します。

 

まず出来たばかりのシミやくすみには「ビタミンC誘導体」が効果的です。

 

ビタミンC誘導体は不安定なビタミンCに別の物質をくっつけて肌に浸透するビタミンCに戻る効果があるので、安い化粧品でもビタミンC誘導体が入っているものを選びましょう

 

安い化粧品でもシミに効く成分、ビタミンC誘導体が入っているものはたくさんあるので自分が好きなものを選ぶ事が重要です。

 

そして、ビタミンC誘導体が配合されている美容液の選び方のポイントの一つは、その濃度です。

 

一般的に「水溶性ビタミンCはシミに有効」「油溶性ビタミンCやAPPSはコラーゲン生成促進に有効」と言われています。

 

なので、シミ対策には基本的に「水溶性ビタミンC」を選ぶと効果的なのですが、水溶性ビタミンCはクリーム状のものではなく、美容液や化粧水などの液状のものに含まれています。

 

クリームよりもビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液を選ぶほうがシミには効果的なので濃度が高い化粧品を選ぶとシミを薄くする効果が高いものが多いです。

 

安い化粧品でも、正しい化粧品選びをすることで、シミのない若々しいお肌を手に入れることも不可能ではありませんね。

 

 

既にできてしまったシミにはハイドロキノン配合の化粧品がおすすめ!

では、すでに出来てしまったシミは、化粧品で薄くすることは出来ても完全に消す事ができないのか?

 

というと、それは違います。

 

1つ目の方法は「レーザー治療」や「ケミカルピーリング」とともに皮膚科で使われている「ハイドロキノン」が効果的です。

 

ハイドロキノンはメラニンを抑制する効果があり、シミにとても効果的です。

 

ハイドロキノンは皮膚科でしか売られていないと思いがちですが、最近ではネットでも売られているのでお手軽に手に入れることが出来るようになりました。

 

シミを消すといえば高価な化粧品でしか無理というイメージがありますが、そんなことはありません。

 

実際にハイドロキノンは安ければ2000円くらいから売っているのでそこまで高いものではありません。

 

もちろんもっと高価なハイドロキノンもありますが、まずは安いものから試してみる事をおすすめします。

 

ハイドロキノンのような安い化粧品でもシミを消す事が可能なので是非試して欲しいです。

 

しかし、ハイドロキノンは刺激が強いため、濃度が高いものを選ぶと、敏感肌の方には少し刺激が強く感じられる場合があります。

 

ネットでハイドロキノンを購入する場合は、しっかり口コミなどを見てから購入するようにしましょう。

 

このように、安い化粧品でも、ビタミンC誘導体が入っている化粧品とハイドロキノンを併用して毎日コツコツお手入れすることでシミを予防する効果と、シミを消す効果が同時に得られます

 

シミが気になる方の美白化粧品は、まずはこの2種類か始めてみてはいかがでしょうか?