洗顔料に保湿や美白成分は必要ない!

洗顔料に保湿や美白成分は必要ない!シミがないお肌を作るための洗顔料の選び方

洗顔

 

シミやくすみを気にしていると、美白っぽい成分が入っていたり、保湿が出来るヒアルロン酸配合の洗顔料を選んだりしてませんか?

 

 

洗顔料の保湿や美白成分は、すすぎの時に流れてしまいます!

 

洗顔料は肌の脂汚れをしっかり落とせる洗顔料を選ぶことが重要です。

 

ドラッグストアなどに行くと、肌に潤いを残す洗顔料や、美白が出来る洗顔料がたくさん売られていますが、洗顔料は洗い流すものなので、保湿や美白成分が入っていても、お肌に浸透する前に流してしまうものです。

 

 

あくまでも、洗顔料は汚れを落とす事に徹して選びましょう。


 

悩んだ時は洗顔料はシンプルな固形石鹸を選ぶ

結論としては、洗顔料は、固形石鹸が一番いいです。

 

固形石鹸は汚れを落としやすくて、肌に余分なものが残りにくいためです。

 

メーカーにもよりますが、しっとりタイプの洗顔料の洗顔フォームは約30%の油分が含まれていて、浴用の固形石鹸は、約5%程度しか入ってないのです。

 

浴用の固形石鹸では洗浄力が強すぎるという人は、洗顔せっけんを選びます。

 

洗い上りの肌が指で触ったときに「キュッキュ」となるくらい洗い上りがさっぱりしたものがおすすめです。

 

洗顔料のタイプよりも配合成分で選ぶ。

固形タイプがおすすめと言いましたが、それは、配合されている成分が洗顔料の役目を果たすのに適しているものが多いからです。

 

配合されている成分が洗顔の本来の目的”汚れを落とす”事に適しているのなら、本来はどのタイプを使っても、洗顔の良し悪しには関係はありません。

 

これは、洗顔料だけではなく、全ての化粧品に言えることです。それぞれの目的に適した成分の化粧品選びが重要です。

 

弱酸性の洗顔料について

肌は弱酸性です。そに、弱酸性の洗顔料を使っても水道水は中性なので流した肌は中性になります。

 

よく世間では、弱酸性の洗顔料がおすすめされていますが、洗顔後にすぐに弱酸性の物をつければ、弱酸性の洗顔料にこだわる必要はありません。

 

最近の化粧水はほとんどが弱酸性で出来ています。

 

まとめ

あくまでも洗顔は保湿する化粧品ではなく、肌の汚れを落とすものです。

 

自分のお肌にとって洗浄力が強ぎない程度に汚れがしっかり落ちる洗顔料を選びましょう。

 

保湿や美白成分はそのあとの化粧水や美容液でのスキンケアで、美肌成分をお肌に補給するのがベストです。