シミ・しわ・たるみなどの「肌老化」の原因

シミ・しわ・たるみなどの「肌老化」の原因3つ。

肌老化

 

なぜ、肌は老化するのか?

 

「いつまでも若くありたい。」
「綺麗でいたい。」

 

と、女性なら思いまいますよね。

 

肌が老化すると、シミ・しわ・たるみが目に見えてわかるようになり、年連より老けて見られてしまうなんてことも。

 

肌老化を遅らせるためには、肌老化の原因をしって対策していくことが重要です。

 

ここでは、肌老化の主な原因3つについて解説していきます。

 

肌老化とは?

 

肌が老化してしまう事を「肌老化」といいます。

 

多くの女性が「衰えてきたなぁ。」と思うのは、シミやシワなどが目立ってくる40代を迎えたころです。

 

「20歳はお肌の曲がり角」なんて言葉もありますが、実際には生まれて瞬間から老化は始まっています。

 

曲がるというよりは、「老化が加速する」と言うほうが近いかもしれません。

 

老化ってなに?

老化は体の組織が酸化していくこと。つまり「サビていくこと」です。

 

鉄が雨風にさらされていると、家の中で環境が良い中で保存しておくよりも早くサビます。茶色くなってザラザラになります。

 

リンゴも、皮を向いて放置していると、ラップをしている時よりも早く茶色くなります。

 

これと同じような現象がお肌にもおこります。

 

【肌老化の原因その1】体をサビさせる「活性酸素」

人は、呼吸をして生きるためのエネルギーを得ているのですが、この時に体のサビの原因となる「活性酸素」が発生してしまいます。

 

つまり、人が生きていく限り、老化は避けられないのです。

 

さらに

 

  • タバコ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活乱れ

 

なども、活性酸素を増やします。

 

年齢とともに活性酸素の量は増える

肌がどれだけ参加されているかを示すものを過酸化脂質といいます。

 

この過酸化脂質は、年齢とともに、特に30代後半から発生する量は加速していきます。

 

 

【肌老化の原因その2】水分・油分量・コラーゲンの減少とターンオーバーの低下

さらに、年齢を重ねるにしたがい、肌や体の中で多くの変化が現れます。

 

まず、真皮(お肌の土台)の水分量が徐々に減ってきます。

 

お肌の水分量

 

  • 赤ちゃん…80%
  • 20代…65%
  • 40代…50%

 

セラミドも年々減少するため、表皮にある角質層の水分も減っていきます。

 

 

これらの水分減少は、個人差もありますが30代頃から自覚する人が多いようです。

 

30代〜40代になれば、水分量だけではなく、皮脂量も減少してしまいます。

 

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量も低下をはじめるので、コラーゲンが減り、お肌の弾力が損なわれ、シワやたるみも目立つようになります。

 

また、ターンオーバーの低下により、シミが出来やすくなったり、濃くなったり…。ニキビも治りにくくなり、ニキビ跡も残りやすくなります。

 

 

 

【肌老化の原因その3】紫外線・摩擦・間違ったスキンケアや生活習慣

活性酸素や体内の美肌成分の減少のような生理的な衰えにプラスで、紫外線や間違ったスキンケアによる外部からの肌ダメージが加わることで、老は着実にすすんでいきます。

 

間違ったスキンケアとは?

 

  • 肌を擦る
  • 合わない化粧品を使う

などです。

 

目には見えない小さな刺激が毎日お肌の奥に刻み込まれて行きます。

 

紫外線はシミを作り、さらに真皮にはシワを作ります。

 

「まだ若いから」と言って、真っ黒に日焼けしたり、いい加減なスキンケアをしていると、老化を早めてしまいます。

 

肌の乾燥は老化を早める

お肌が乾燥したままでいると、角質のバリア機能が衰え、健康なお肌の時よりも外からのダメージが受けやすくなり、老化を早める原因になります。

 

釣ったばかりの生魚よりも、干物のほうが早く火が通って焼け安いのと同じ原理です。

 

「内臓はお肌の鏡」はホント?

「内臓はお肌の鏡」と言われていますが、便秘になったり胃があれたりすると、それはもちろんお肌に現れます。

 

  • 偏ったダイエット
  • 睡眠不足

 

なども肌年齢を加速させます。

 

まとめ

シミ・しわ・たるみなどの、肌の老化を改善したい時は、化粧品に頼ってしまいがちですが、老化の原因は様々です。

 

化粧品のみでの対策だけではなく、化粧品と生活習慣の見直しを同時に行う事で、美肌の効果は促進されます。