ハイドロキノンのシミへの効果は?

シミ消しクリームに使われる成分のハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノンは元々、医療機関でのみ用いられていた美白効果の高い成分ですが、2001年から薬事法が規制緩和されたため、市販の化粧品にも用いられるようになりました。
ハイドロキノンは、すでにできてしまったシミにも効果があるため、注目を浴びています。
ほとんどの美白クリームがシミの予防を目的としているのに比べ、ハイドロキノンは画期的な美白クリームといえます。
ゴムなどが劣化するのと同じように肌も年齢を重ねると劣化し酸化しますが、ハイドロキノンにはその酸化を抑える作用があります。
市販のクリームは医療機関で用いるほど濃度が高くないため、比較的安心して用いることができます。

 

ハイドロキノンはどんなシミ効果的か

 

ハイドロキノンは、長年紫外線を浴びた加齢によるシミや頬などに左右対称にできる肝斑、ソバカス、ニキビ跡の色素沈着にも効果があると言われています。
しかし、どちらかといえば老人性色素斑や炎症後色素沈着によるシミに効果があります。
美白効果が高い成分として知られるのは、ビタミンC誘導体やアルプチンなどですが、ハイドロキノンはなんとアルプチンの100倍もの効果があると言われています。
夏になると、水着になる機会もあり、ビキニラインの黒ずみが気になりますが、ハイドロキノンクリームを塗ることで黒黒ずみを改善することができます。
美白効果が高い分、紫外線に当たるとダメージを受けやすいので気を付けながらケアをするようにしましょう。

 

ハイドロキノンのメリットとデメリット

 

ハイドロキノンはすでにできてしまったシミを消すだけでなくだけでなく、シワのケアにも効果があります。
市販のハイドロキノンは濃度が1%〜4%のため、皮膚科で処方されるものに比べて安心して用いることができます。
しかし、刺激の強い成分のため、塗り過ぎると肌の一部が白くなる白斑の症状が現れる場合もあるようです。
事前にパッチテストをおこない、シミのみに塗るようにしましょう。
ハイドロキノン配合のクリームはデパートや一部の薬局でなどでも購入できますが、ネット上でよく見かけるのがビーグレンやアンプルールです。
ハイドロキノンは美白効果にすぐれた成分を含む一方、紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまう性質があります。
クリームを塗った時は必ず紫外線対策をするようにしましょう。