シミを隠す為にメイクを色々模索した結果。

私のシミ隠しメイク体験談。年齢のために出てきたシミを隠す為に実践していることとは?

江原道

http://www.kohgendo.com/

 

私が自分の顔にシミを感じる様になったのは、40代の初め頃からでした。

 

30代の頃は特に顔の中にシミを感じる事はなかったので、特にメイクでシミを隠すという事は考えませんでしたし、メイク自体を工夫したりする事も一切しませんでした。

 

むしろシミを隠すメイクをすると老けて見たり、シミの部分が浮き出ると、先輩ママさんからも聞いていたので、もし自分の顔のシミが出てもメイクで隠す事は辞めようと思っていたのでした。

 

私の顔にシミを感じる様になったのは40代になってすぐ!

30代の頃は自分の顔にシミがある事すら想像は出来ず、メイクでシミを隠す事も濃いメイクをする事も一切ありませんでした。

 

しかし、40代になるとすぐに私の顔の中には、「あれ?」と思う事があったのです。

 

あんなに自分とはまだまだ関係ないと思っていたシミが、とうとう私の顔の中にも現れたのです。

 

来る時が来たかと思うのと同時に私はとにかく一刻早くシミを隠すメイク術を覚えないいけないと強く思う様になっていたのです。

 

それからはとにかくシミを隠す化粧品をさがしまくりました。

 

 

シミ隠しメイクで最初にした事は重ね付け!が、化粧崩れと圧化粧で老け顔に…

私が自分の顔のシミを隠すためにまず始めたメイク方法は、とにかく重ねてつけることでした。

 

コンシーラーにファンデを重ねば、何とかシミも隠すことが出来るだろと、重ねてつけるメイクばかりを研究していた様な気がしていました。

 

しかし、私が実践した重ねつけのメイクは昼間は良いのですが、夕方になると段々と重ねた部分がよれたりする事が多くなり、そうなると隠したはずのシミの箇所が逆に目立っていると感じる様になりました。

 

 

シミがちゃんと隠れる化粧品に出会えない。

自分の顔のシミを隠そうとして、良いと聞いたコンシラーやファンデーションを試す事が本当に多くなりました。

 

しかし、なかな自分に合っていてシミを完全に隠す化粧品やメイク方法には出会えないまま時が過ぎました。

 

友人の中には私より濃い大きなシミがあると言う人が、メイクをすると完全にシミを隠す技を持っている人がいるのです。

 

「メイク術があればシミを完全に隠すことが出来るの?」と思いましたが、その友人に詳しく聞いてメイク術ではないと分りました。

 

 

自然にシミを隠せるよれない化粧品の「江原道」。

私より顔に大きくて濃いシミがある友人に詳しく聞いたところ、メイク術でシミを隠すことをしている訳ではなくて、使っている化粧品が良いからシミを完全に隠すことが出来ているという事を聞けました。

 

そんな彼女が毎日のメイクで使っているのは江原道」の下地とクリームファンデとお粉の組み合わせでした

 

全然濃いメイクではないのに、江原道の化粧品を使う様になってからは、自然な形でシミを隠せるようになったとのことで、私もすぐに江原道をライン買いしました。

 

江原道のコンシーラ、クリームファンデ、お粉を使う様になってから本当に自然な形でシミがキレイに隠せています。とてもお勧めな化粧品です。