シミ ニキビ跡 レーザー治療

シミになってしまうのはどんなニキビ?

ニキビ跡 シミ

 

ニキビには大きく分けて、毛穴に汚れが詰まっているだけの「白ニキビ」と、炎症を起こしている「赤ニキビ」の2種類があります。

 

このうち「赤ニキビ」は、適切なケアを行わないとのちに酷い炎症を起こし色素沈着を起こしてしまう可能性があるため、悪化させないように気を付けなければなりません。

 

ニキビが炎症を起こしたり化膿することで、肌の奥でメラニン色素がたくさん作られます。

 

このメラニン色素こそが、シミを作る大元なのです。

 

ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミになってしまったら大変ショックですよね。

 

そうならないためにも、赤ニキビが出来てしまったら必要以上に触ったり刺激を与えたりせず、治りが悪いようなら早めに皮膚科で診てもらいましょう。

 

 

ニキビ跡にレーザー治療は効果があるのか?

 

もしニキビ跡がそのままシミになってしまったら、どんな治療法があるのでしょうか?

 

シミはメラニン色素の大量発生による色素沈着が原因なので、肌のターンオーバーを即しメラニンを排出していくことが大切です。

 

でも、肌の真皮まで及んだ深いシミはなかなか自然には消えてはくれません。

 

すぐにでもニキビ跡のシミを消したいと思っている人には、レーザー治療がもっとも早く安全な方法です。

 

レーザーなら真皮まで届いてシミをしっかり撃退してくれます。

 

ニキビ跡の治療に効果のあるレーザー機器はいくつか種類があります。

 

自分のニキビ跡にはどのタイプが向いているのか知るためにも、一度クリニックでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

レーザーでニキビ跡を消すのにいくらかかるの?

 

ニキビ跡のレーザー治療は、基本的に「保険適用外」となります。

 

そのため、ニキビ跡の状態や使う機器によってはかなり高額となってしまうケースもあります。

 

いくつかのクリニックを調べてみたところ、おおよそ1回の施術につき数千円から20万以上と、これだけ幅があるので、ただ情報を調べているだけでは実際にいくら掛かるのか見当がつきませんね。

 

ニキビ跡のシミをレーザーで治療したいと考えている人は、クリニックでシミの状態を実際に診てもらうのがいちばん確実です。

 

治療に必要な回数や、かかる金額など、はっきりしたことが判明してからレーザー治療を行うかどうか判断しましょう。

 

もし予算内で収まるようであれば、レーザー治療はニキビ跡に高い効果が期待できます。

 

施術を受ける前に、クリニックで納得いくまで相談することが大切です。