シミ 肝斑 違い

シミと肝斑(かんぱん)との違いとは?

 

シミの種類

「シミ」と一言で言っても、その種類はとても多いです。

 

  • 老人性色素斑(ろうじんせい しきそはん)
  • 肝斑(かんぱん)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • ニキビ跡・傷跡・炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく
  • そばかす・雀卵斑(じゃくらんはん)
  • 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)
  • 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

 

などシミの種類によってその治療法もさまざまあり、その治療法としても違ってきます。

 

肝斑(かんぱん)とは、シミの中でもやっかいで、治りにくいシミだといわれています。また、治療法を間違えてしまうとますます症状を悪化させることもあります。

 

 

シミのできる原因とは?

シミができる原因としては、紫外線を浴びることでメラニンが生成されてくることです。

 

メラニンの滞留

シミができる原因は、表皮の中でメラニンが生成されたときで、それが代謝されないことで蓄積されていくのが原因となります。

 

 

メラニンとは?

メラニンは紫外線から肌の細胞を守る働きをしています。肌が紫外線を受けたことで、メラノサイトに信号が送られてメラニン色素が生成されるのです。

 

肝斑とシミの違い

肝斑は「治りにくいシミ」として悪化しやすいシミのひとつです。肝斑の特徴は輪郭がはっきりせずに「もやっ」と広がるケースが多く、ほほ骨を中心に左右対称にあらわれます。

 

 

肝斑の現れる原因

肝斑の現れる原因は紫外線や肌への刺激です。女性ホルモンのバランスも大きく関係しています。年齢的には3040代で現れる人が多く、逆に60代以降では薄くなる傾向があります。
しかし、肝斑のできる原因としては、いまのところまだはっきりとはわかっていません。妊娠や経口避妊薬の服用、ストレスとも関連性が高いといわれます。

 

 

シミと違う肝斑の治療法

肝斑の治療法には内服薬と肝斑専用のレーザー治療がおすすめです。注意したいのは、通常のシミを治すレーザー治療では悪化してしまう恐れもあります。レーザー治療は短期間で済む治療法ですが、肝斑のレーザー治療には注意が必要です。

 

通常のシミの治療と違い、美白ケアなどでもなかなか治らないことが多いのが肝斑の特徴です。

 

肝斑専用のレーザー治療

肝斑では肌の中に停滞しているメラニンを少しずつ壊していく肝斑専用のレーザー治療が必要です。

 

肝斑は輪郭がはっきりしない、非常にわかりにくいシミで、通常のシミのレーザーではパワーが強く、刺激を与えることでよけいにシミを濃くしてしまいます。

 

肝斑を治療する場合には、シミの診断と肝斑の診断とをしっかりと見極めのできる専門機関を選ぶことがとても大切です。

 

 

肝斑のレーザー以外の治療

肝斑の治療は肝斑専用のレーザーのほかに、内服薬や外用薬などによる治療が行われています。メラニンの発生を抑えるトラネキサム酸がいまの肝斑治療ではとても有効です。

 

ただ、服用には十分な注意が必要で専門医に相談することも必要です。ほかにも医療機関で処方されるハイドリキノンクリーム、美白剤で治療する方法もあります。

 

まとめ

 

シミと肝斑との違い、治療法でも悪化させないようにすることが大切です。肝斑は薄く、広範囲に広がっているので、気がつかない場合も多いです。ほほ骨や目の周りを中心に左右対称に現れるのが特徴で、輪郭をもたず、顔色がすぐれないような印象に見える場合もあります。