シミを消したいなら「ターンオーバー促進」を意識せよ。

シミを消したいなら「ターンオーバー促進」を意識せよ。

ターンオーバー シミ

 

最近肌のシミが増えてきた。濃くなってきた…。くすみも目立つ…。

 

何てお肌のトラブルが増えていませんか?

 

そのトラブル、もしかしたらターンオーバーの乱れが原因かもしれません。

 

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、入れ替わるという意味ですが、美容の分野では表皮の生まれ変わりのことをさしています。

 

表皮の細胞がお肌の奥で新しく生まれて約28日かけて細胞は古くなって死んでいき角化します。

 

それが、お肌の表面の角質細胞となり最後は垢として剥がれ落ちます。

 

このサイクルのことを「ターンオーバー」といいます。

 

 

ターンオーバーとシミの関係

 

ターンオーバーによって古くなった皮膚は絶えず入れ替わっているので、傷やニキビが出来ても、跡が残ってシミになどにならずに消えていきます。

 

しかし、表皮を超えて、その奥の真皮と言う細胞まで傷がついてしまうと、真皮はターンオーバーをしていないので、跡が残ってしまいます。

 

また、紫外線でメラニン色素が出来ても、表皮の中にとどまっていれば、28日後にはターンオーバーとともに排泄されて色は元に戻りますが、真皮までメラニン色素が侵食されると、ずっとお肌に残ることになり、これがシミになります。

 

 

通常の若い健康な細胞のターンオーバーの周期は約28日ですが、年齢ともにサイクルは遅くなっていきます。

 

30代〜40代では+10〜15日と言われています。

 

 

このため、傷の治りも遅くなり、シミやニキビ跡も出来やすくなるわけなんですね。


 

ターンオーバーの乱れで起こる肌トラブル

ターンオーバーの周期の遅くなってしまうと、シミやニキビ跡、傷跡が残りやすくなるだけではありません。

 

角質層(古くなった皮膚)は厚くなり、角質層の内側にある表皮の部分は薄くなります。

 

そうすると、こんなトラブルが起こります。

 

ターンオーバーの乱れによるトラブル

 

  • 肌がくすむ
  • 肌が固くなる
  • ゴワゴワする・ゴワつく
  • 乾燥がなかなか治らない
  • 小じわが出来る

 

こういった症状があらわれていたら、ターンオーバーが乱れいるかもしれませんのでご注意を。