シミ予防にはビタミンC誘導体の美白化粧水を。

シミ予防にはビタミンC誘導体が配合された美白化粧水を選ぶ。

チェック

 

シミが出来やすい乾燥肌には、水を与えるだけでは効果はない!

 

お肌の乾燥がすすむと紫外線の影響を受けやすくなり、シミが出来やすくなってしまいます。

 

「乾燥肌には水分補給が必要だから化粧水が一番大事」と化粧水をたっぷり付けて満足していませんか?

 

でも、それは間違い!

 

化粧水をお肌につけても、化粧水の水分がお肌にそのまま吸収されるわけではありません。

 

私たちのお肌の水分を守るために活躍しているのは、角質細胞間皮質です。

 

その中でも「セラミド」の存在が最も重要です。

 

 

セラミドは年齢とともに徐々に減っていき、それに伴い、肌の水分保持能力も低下していきます。つまりお肌の水分量が減少して乾燥肌になるという事です。

 

そこで、セラミドを補うか、もしくはセラミドの代用となる「ヒアルロン酸」などを補うが正しい保湿ケアの方法です。

 

『肌の潤い=化粧水』というイメージがありますが、化粧水の成分は大半は水です。

 

水の中にはこれらの保湿成分はあまりたくさん配合できません。

 

つまり、セラミドが減ってお肌の水分保持能力が低下しているお乾燥肌に化粧水をどれだけたっぷり付けても時間がたてば蒸発ししまいます。

 

”水”をお肌につけても、それは単に濡らしているだけで、またすぐに乾燥してしまうのと同じです。

 

「肌荒れの時は化粧水だけでいい」と言うのは嘘。

 

お肌が荒れているときには、あまり色々つけてはいけない。

 

この知識は正しいです。お肌の状態を考えて刺激が少ない物だけを、正しい知識をもって使えるなら話は別です。

 

お肌が荒れているからと言って、普段は効果が高い美肌成分たっぷりの化粧品を付けまくるのはNG!

 

だからと言って、「お肌が荒れてるから化粧水だけ!」と言うのも間違いです。

 

化粧水だけでは、さらに乾燥肌がすすみます。乾燥が進むと、バリア機能が低下し、さらにお肌の敏感度が増し、悪循環となります。

 

色々つけたくない時は、油分(セラミドが効果的)を含む刺激が少ない美容液か、クリームだけを使うようにしましょう。

 

保湿をしたい時は、水分ではなく水分を維持するための「保湿成分」を補給しましょう。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶ

上でも述べた通り、シミが出来にくいお肌に必要なのは、保湿成分を含んだ美容液やクリームです。

 

では、何のために化粧水をつけるのでしょうか?

 

化粧水は、保湿などの効果はあまりないけど、なんとなくみずみずしくなるから使っているようなものです。

 

極論を言うと、スキンケアでは化粧水は付けなくても、良いと言えます。

 

ただし、最近ではビタミンC誘導体絵オフくんだ化粧水が販売されています。

 

水溶性のビタミンC誘導体はクリームなどよりも、液体である化粧水や美容液に配合したほうが安定性の良い成分なので、化粧水や油分の量が少ない美容液に配合されているのが正しい化粧品です。

 

このようなシミや保湿に美肌に有効な成分を含む化粧水を使うのは、効果が高いです。

 

水溶性の美肌成分について

化粧水で美肌成分を効果的に取り入れるには、油分が含まれていない液体に配合されていている化粧品を選びましょう。

 

水と油は混ざりにくいのと、油分が含まれていると油分で肌に蓋がされてしまい浸透力も落ちてしまうためです。

 

主な水溶性美肌成分

水溶性美肌成分には、

 

  • アミノ酸(天然保湿因子)
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ビタミンB3(ナイアシン)
  • オウゴンエキス
  • リコピン
  • グレープシードエキス

 

などがあります。

 

ただし、ヒアルロン酸やコラーゲンは化粧水に使われていても配合量は少量です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は、濃度が高くなると粘性(粘り)が出るため、濃度が高い化粧品は美容液として販売されています。

 

 

シミ予防のための保湿化粧水の正しい選び方まとめ。

シミ予防のための保湿化粧水を選ぶときは、ビタミンC誘導体などの、水溶性の美肌成分を含み、他の成分(特に油溶性の成分)が色々と含まれていないシンプルな化粧水を選びましょう。